スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極限状態の中で現われる本性。

ついさきほど、洗濯物を干していたらガッチャーン!!という大きな音が。
下の道路を見てみると、自転車が倒れている。
あれ、風も吹いていないのに、なんだかこわいなー、こわいなーと思いながらよく見てみると人が自転車に絡まって倒れている。


しかもピクリとも動いていない。

そして体勢が人としてありない感じに自転車と絡まっている。


これはやばい!!と本能的に察知したんだけども、しばらくベランダから動けない。
というか、最悪の事態を想定して恥ずかしながら足がすくんでしまった。


頭の中で二分ぐらいたった時、ようやく意を決して外へ。
30代後半の女性だろうか。
髪の毛で顔が見えないので、とりあえず声をかけてみる。




反応なし。



もう一度かけてみる。





なんだかヒューヒューした声でぶつぶつ聞こえる。





怖い。




とりあえず、まだ生きている事はわかったので必死に声をかけて意識を呼び戻させる。
間違いなく頭を打っているので、下手に動かすとまずい事になるのは知っていた。




しばらくすると、向かいの家の人が出てきて救急車を呼んでくれたとの事。




その時やっと気がついたのか、首を回して顔をこちらへ向けた。




目が合った。





怖い。





感情の全くない、魚のような目をしていた。
生気が完全に感じられない目。





恐ろしい。
どんなホラーやスプラッタを見るよりも恐ろしかった。
正直、腰が抜けそうだった。



幸い、しばらくして意識を取り戻した後は普通の女性に。
お酒を結構飲んでいたようで、気恥ずかしいのかすごい低姿勢。



救急車が到着して、触診したところやはり頭に大きなたんこぶができていたので病院にいくように警官や救急隊員と共に説得。


しぶしぶながらも病院へ搬送されていった。



普段、こう動いた方がいい、とかは頭で考えて、わかっているつもりだったけども、事故やアクシデントに思考回路が一瞬止まって、その人の本性、本当の性格が出てくるのを改めて認識。



もしかしたら死んでいるかも、と考えた時点で思考回路が止まり、完全に冷静な判断(救急車を呼ぶ、すぐ外に出て二次災害を防ぐ)ができなくなっていた。



「死」は怖いわ。
看護士や医者を改めて尊敬。
日々日々、こんな精神状態なら自分ならまず倒れる。
テレビで、事故で何十人死亡ってのが流れてもふ~んで終わるけど、リアルに起きた、一名が死ぬかもしれない事態で心のリミッターがいっぱいいっぱいです。









関連記事

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

いや~

テンパイもいいところでしたよ。
能書きや理屈ではなく、ああいうところで瞬間的に行動する人が人としてかっこいいんだろうなぁと実感。
まだまだ修行不足です。

えらい!

足がすくんだとかいろいろ書いてるけど、
とっさに行動できるなんてすごい。
聞いたとき酔っ払ってたけどね、
すごいと思ったよ(*^_^*)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
来訪者
見学者
現在の閲覧者数:
読書感想文
ブログ内検索
プロフィール

大友隆史

Author:大友隆史
日本を人種のサラダボウル化して、より面白い国にしたい。サッカーとお酒にはうるさい。保険には普通の人より少しだけ詳しい。たまにベース弾き。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。