スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月の魚

タイトルはフランス語でPoisson d'avril、いわゆるエイプリルフールのこと。

タイミングが誤解を前招いたけども、昨日書いたMR.BIG再結成はマジな話だからね。



このエイプリルフールってそもそも何がきっかけで始まったんだろう?と疑問が浮かび、気になってナイツばりにヤホーヤフーで調べてみました。

そしたら諸説あることにはあるけどもよくわかってないらしい。

その中で一番有力なのがこの話。


その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。


しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。


フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れない為に、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。

そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれた。その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていった。



・・・なんだか「本当は恐ろしいグリム童話」みたいな悲惨な起源(* ̄□ ̄*;
来年からは悲劇的な最後を迎えたフランスの少女に思いを馳せて嘘を言う事にしよう。
ちなみに13年周期でいくと、嘘をついてはいけない年は2019年なのでみなさん注意してください。


ちなみに日本では4月1日は、「日ごろの不義理を詫びる日」だったってさ。
そんな日に嘘ついていいのかな?
関連記事

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

tag : ナイツ エイプリルフール フランス Poisson d'avril

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
来訪者
見学者
現在の閲覧者数:
読書感想文
ブログ内検索
プロフィール

大友隆史

Author:大友隆史
日本を人種のサラダボウル化して、より面白い国にしたい。サッカーとお酒にはうるさい。保険には普通の人より少しだけ詳しい。たまにベース弾き。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。