スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていること。

今日、祖母の家で飼っていた猫が亡くなった。
いつごろ家に来たかは覚えてないけど小学生からいるから、少なく見積もっても12才。
ここ最近、体調が悪くて年末にはひきつけをおこし、手術直前だったとの事。


なんなんだろうね~、このなんともいえない感覚。
大きく分けると悲しいのはたしかなんだけど、やるせなさというか、懐かしむ気持ちというか。
怒りとか虚無感もあわせて頭の中がゴチャゴチャ。


一息ついて、「死にたい」とか軽々しく使う人、本当に嫌い。と、改めて思った。
そういう人は本当に大事な人を亡くしたことがないんじゃないのか。
もしくは本当に自分以外はどうでもいい、自分さえよけりゃ何やってもいいと思ってるかのどっちか。

少なくとも、自分は祖父や親族が死んだときさっき上に書いたような気持ちになった。
心をつねられるというか・・・・とにかく、そんな気持ちはなるべくなら味わいたくないし、味あわせたくない。
どんなことがあろうと、生きているそのこと自体が奇跡だし喜び。
朝の空気、好きな人といるとき、おいしいものを食べたとき、音楽してるとき、サッカーしてるとき。
死んだら何にもできない。感じられない。


生きている意味なんていくら考えてもわからないし、わからないからこそ自分を信じて日々を一生懸命模索しながら生きてる。
俺が冷たいだけかも知らんが、テレビのニュースでまったく知らない人が亡くなってもかわいそうとは思うけど、悲しいとは思わない。
少なからず悲しいと思うのは、その人が生きていることが自分にとって楽しいと感じてたということ。
自分は馬鹿だから、そういう大事な事はいつももう戻せない時点て気づくんだけどね。


俺は今までゴンと同じ時間を生きてきたことが本当に楽しかったよ。
ゴンはどうだったのかな?
今まで長いことありがとう。ゆっくり休んでね。

ゴン

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
関連記事

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

コメントありがとうございます

>milanoさん

そうですね、身体は亡くなっても心の中には生き続けますものね。
自分もゴンから教えてもらったことを支えに頑張ります。

>to be or not to beさん
本当にばあちゃんには可愛がってもらって、甘えんぼでしたからね。
天国で今頃じいちゃんと会っているのかな?

そうか・・・。

ゴンちゃん天国にいったんだね。
でもきっといい飼い主に恵まれて
長生きしたんだと思うよ。

mixiからやってきました。

とても共感できるブログでした。自殺をほのめかす人間は、死を身近に感じたことがきっと無いのでしょうね。

うちの猫も去年16歳で死んだのですが、生きていた時と同じくらい大きなモノを、死んだ後に教えてくれました。

これからもゴン君との思い出を、いつも頭の中に置いてあげてくださいね!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
来訪者
見学者
現在の閲覧者数:
読書感想文
ブログ内検索
プロフィール

大友隆史

Author:大友隆史
日本を人種のサラダボウル化して、より面白い国にしたい。サッカーとお酒にはうるさい。保険には普通の人より少しだけ詳しい。たまにベース弾き。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。