スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこに感謝?

今回の東北・関東大震災には世界中から精神的・物質的な支援が集まっている。
著名人、各国、会社・・・どれも非常にありがたいことだと感じる。

代表的なもので、国連からの日本へのメッセージ。

「日本は今まで世界中を援助してきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。」


ただ、一番現場で体を張ってる人たちへはなぜか批判が多いように感じる。
東京電力、原発職員、各鉄道会社・・・。
原子力発電所が動かないから電力不足は明白。
それを一生懸命色々なリスクも考慮・努力して少しの負担で済むように計画停電を実施している東京電力。
調整不足で、旭や水戸など被災が大きいところまで停電させてしまったのは調整不足だとは思う。
現地の人や知事、身内が怒るのはもっとも。

ただ、全くの部外者が非難できるレベルなんだろうか。
それこそこんな状況だし、一斉に都内を停電させてもいいレベルの未曾有の事態でしょ。
周りの一部はもう地震は過去の事で、放射能にしか興味がなくなっている人もいるけど。


福島原発もそう。
黙って見てればすべてが元通りになっていくわけじゃない。
被災地も、故障も、必ず誰かが体を張って直しているから直っていく。
作業に100%ミスがなかったのか?
といえばそれはそうとは言えないかもしれない。
けど、素人目で見てさえ近づくだけでもやばい状況というのはあきらかなのに直しに行く原発の職員を非難するなんていうのは信じられない。
逆にあれだけの地震&津波でこの被害で済んでいることにたいしてはなんとも思わないのかな?


原子力教育を考える会を見て初めて分かったけど、被ばくなしでは有りえない構造にそもそもなっているんだね。

そもそも論として原発が必要になったのは、単純に需要が火力や水力では賄えないレベルまできたから作ったんでしょう。
無くていいならそれに越したことはない。
けど、停電でこれだけ大騒ぎするように本音はみんな今の生活レベルを落としてまで廃止したくはないんでしょう。
水道ひねれば飲める水が出て、電気はあって当たり前。
ガスもあってお湯もすぐ沸く。
どんどんどんどん当たり前の水準があがっていって、結果は世界一の資源消費国日本。

日本のライフラインのインフラってどう考えてもすごいと思うんだけど、当たり前になるとそれにも気づかない。
そういう自分もこういう事態にならないとその凄さに気付かないから同じ穴のムジナなんだけどね。

もっと現場で体張ってるひとに感謝しようよ。
こういう事態になったからクローズアップされているんであって、毎日のそういう方の努力で豊かな生活ができている。
日々当たり前のように利用しているものでもその裏には必ず人の苦労があって成り立ってるんだから。



都心の買占めについても思うところあり。
それはまた明日書きます。
関連記事

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
来訪者
見学者
現在の閲覧者数:
読書感想文
ブログ内検索
プロフィール

大友隆史

Author:大友隆史
日本を人種のサラダボウル化して、より面白い国にしたい。サッカーとお酒にはうるさい。保険には普通の人より少しだけ詳しい。たまにベース弾き。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。