スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事の確認取れました。

いとこから親に電話があり、宮古のいとこ夫婦、叔父夫婦、おばあちゃんみんな無事とのこと。
本当安心しました。
twitterやmixi、また励ましてくれた人たちみんなに感謝します。

ただ、やはりおばあちゃんの家は一階が完全に浸水、そして隣の家が倒れてきて、半壊に近い状態になっていて住める状態ではないとのこと。
あの大津波で流されなかっただけでもすごいけど。

このブログを見れば宮古を襲った津波のすさまじさがわかります。

漁師の徒然なるブログ
http://blog.goo.ne.jp/heiun


自分は親族が無事でほっとしたのですがやはり犠牲者は多数出ているとのこと。
宮古市出身の父親の同級生も少なくとも一人は亡くなっているのが確認できていると言っていた。
まだ行方不明者も多数。
お盆の時期にしか行ったことがない自分でさえ相当ショックなのに、故郷がこんなことになって、父親の胸中はいかばかりか。



あんまりPVを載せるのは好きではないけど、今の自分の心境はタイトルも歌詞の自分なりの解釈も含めてこの曲がピッタリ。





宗教的な意味や歴史は別として。
人は豊かなようで命は儚い。
これ以上の被災者がでないことを心から祈ります。
まだ災害は終わってない。
関連記事

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : 人生

コメントの投稿

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
来訪者
見学者
現在の閲覧者数:
読書感想文
ブログ内検索
プロフィール

大友隆史

Author:大友隆史
日本を人種のサラダボウル化して、より面白い国にしたい。サッカーとお酒にはうるさい。保険には普通の人より少しだけ詳しい。たまにベース弾き。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。