スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24時間経過後の日常。

地震から約24時間経過。
余震の繰り返し&祖母の安否が取れないので、かなり寝たような気もするけど体が休まってない。


太平洋ではアメリカ側に津波がいって、その戻しがまだ来る可能性があるとのこと。
茨城の水戸では停電はとりあえず収まったが、供給過多でいつ止まってもおかしくないという話。
交通機関は空・陸含めぐちゃぐちゃ。
道路が崩壊してライフラインも切れている地域がある。

そんな状況でも平常通りの生活がはじまる。
お店があるから仕事に行き、客がいるから店を開ける。
服屋だって携帯ショップだって営業する。
株主のために利益を出そうと営業しているところもある。
不安な観客のためにライブをする。
日常に戻ろうと、不安をなくそうと努力している。


かたや、電力不足を懸念して店を閉める判断をするところもある。
従業員の安全を考えて休ませるところもある。
電力不足の事を考えて、レコーディングを中止するアーティストもいる。


まったく逆のことをしているけれど、これは矛盾でもなんでもない。
みんな「生きる」ことに対して前向き。
精神的なものなのか、物理的なものなのか。

個人的には、電力不足の現状を考えると生活必需品以外を扱う業種以外には控えてほしいというのはある。
電気もガスも水道もない中で、トイレも食事もできないなかで明かりがあるのとないのとではだいぶ違うと思うから。

それでも営業していることが間違っているとは思えない。
被災者には被災者の生活があるように、被災者以外にも被災者以外の生活があるから。
ただ、少しでも考えてもらえるとありがたいです。
関連記事

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
来訪者
見学者
現在の閲覧者数:
読書感想文
ブログ内検索
プロフィール

大友隆史

Author:大友隆史
日本を人種のサラダボウル化して、より面白い国にしたい。サッカーとお酒にはうるさい。保険には普通の人より少しだけ詳しい。たまにベース弾き。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。