スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年の自分へ

今日は以前にバイトしていた鉄板焼屋で当時、他店舗で働いていた子と飲んでました。
もうなんだかんだで3年以上経つのか。
懐かしいけど、今の自分はあの頃の自分に胸を張れるのか?

ナオト・インティライミさんの「世界よ踊れ」の文庫版のあとがきに、

「2006年のナオトよ、2010年、今、俺は笑っているよ。」

という文を読んで感じるものがあった。
自分はこの三年間といえば目先の欲につられてそれまであることにも気づかなかった信用を失い、やっと再構築したところ。
ナオトさんはフットサル仲間でもあるわけだけど、当時から人の魅力という点では並はずれていた。
それは実力ももちろんだけれども、何より自分を信じてブレずにやりつづけてきたからだろう。

2006年の自分よ、2011年、今、俺は決意するよ。
関連記事

コメントの投稿

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
来訪者
見学者
現在の閲覧者数:
読書感想文
ブログ内検索
プロフィール

大友隆史

Author:大友隆史
日本を人種のサラダボウル化して、より面白い国にしたい。サッカーとお酒にはうるさい。保険には普通の人より少しだけ詳しい。たまにベース弾き。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。