スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿命だけれども悲しい出来事。

お世話になっているプロデューサーの愛猫が亡くなったというメールが届いて、クロがそうなったら自分はそんなメールを送れるような精神状態にあるんだろうか?と考えているときに、父から電話。

叔父の母が亡くなったという知らせ。

89歳だったということで、端から見たら天寿を全うしたともいえるけど、やはり悲しいことには変わりない。
もう二度と会えない重みって、言いようもなくでかいね。

年に一度も会わない人だったけども、冥福をお祈りします。
もちろん、一度も会えないまま星になってしまったアンちゃんにも。


生きることの喜びを常日頃かみ締めよう。
関連記事

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
来訪者
見学者
現在の閲覧者数:
読書感想文
ブログ内検索
プロフィール

大友隆史

Author:大友隆史
日本を人種のサラダボウル化して、より面白い国にしたい。サッカーとお酒にはうるさい。保険には普通の人より少しだけ詳しい。たまにベース弾き。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。