スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙草を吸うのは誰がため。

よく見た目からか煙草を吸うと思われがちですが、煙草は嫌いです。
ま、実家に帰ると両親をはじめ、今は亡き祖父から親戚一同までほぼ喫煙者の家系なので受動喫煙バリバリなんですが。


煙草はいわゆる「健康に悪い」ことの代表格のようなのですが、これはまぁ間違いないでしょう。
ただ、それを辞める健康になったところで果たしてその人は幸せなのか?というところ。

煙草を好きな人は、その瞬間が好きなんでしょう。
もしやめてその結果長生きになったとしてもその喪失感は果てしないものじゃないのか。

自分は音楽・サッカー・お酒どれかを辞めろといわれてもどれも辞める勇気はない。
どれも自分の幸せだし生きる意味だから。

それを考えると、健康に悪い=人生に悪いとは一概には言えない気がする。
健康にこだわりすぎて、逆に生活にストレスを感じたら本末転倒。
目的の為の手段なのに、手段が目的化しがちなのは悲しい出来事。
さらに、本人にその自覚がないことも更なる悲しさ。
自分の見えている世界は、あの人が見ていた世界と一緒なのだろうか。

関連記事

コメントの投稿

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
来訪者
見学者
現在の閲覧者数:
読書感想文
ブログ内検索
プロフィール

大友隆史

Author:大友隆史
日本を人種のサラダボウル化して、より面白い国にしたい。サッカーとお酒にはうるさい。保険には普通の人より少しだけ詳しい。たまにベース弾き。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。